2011年10月11日

富士チャレンジ200 チームエンデューロ

中1日経ったけど、脚が重たい…

そんな今日は実家で脱穀でした。

今年の米は昨年よりも良い様ですよ。


8日(土)富士スピードウェイで7時間エンデューロに参加して来ました。

チーム568Bチームでの参戦です。
結果は
Aチーム2位
Bチーム7位でした。

乗鞍やイナーメHCよりも自転車に乗れる時間はあったので、
調子は悪くなかったと思います。

シバタさんにも、「春よりは平地強くなっていると思います」とポロッと言ってしまったので頑張らないと。

/*********************************************/
前日、午後休をいただき用事があるため、実家の上田へ。
上田からngwくんを迎えに神奈川へ。
藤岡回りでAll下道7時間。

その後須走のローソンで合流。
ゲート前に並ぶ。0時30分で車は10台ほど。⇒その後飲み(笑)

/*********************************************/
朝。天気は晴れる。
僕の指は車のドアに食われ腫れる。

試走は1周(笑)
ローラーで体を温める。


僕はBチームの1走を走ります。
Aチームの1走はgenさん。

列ができてきたころに並ぶ。
しばらくして、一斉にコース上に移動。
前へ前へ行っていると、ちょうど良いスポットを見つける。



それは



最前列

genさんと談笑しながらスタートを待つ。
1人だと、暇ですが、話し相手がいるといいものです。

いよいよ1巡目スタート。プロ選手が引くペース。

坂を上りきったところでgenさんが、「引くからオープニングラップを取りに行こう」と、


プロ選手が引く超巨大集団の左からするする抜け出すピンクと黒のジャージ。
ピットの前に来るころには、集団の前に出る。

特に競りかける人もいなく、オープニングラップをget

ピットからの声援をききつつ、大集団を引く。
気持ちよかった

で、一気にペースをあげてしまったようで、集団は高速化していく。
先頭を交代し後ろにつけたが、中切れが結構多く結局先頭集団にはついていけなかった。

もう少し前につけるべきだったかな。

後は、こま切れになった集団でひたすら耐える感じでした。

1時間強でngwくん⇒シラさんに交代




2巡目
しばらくは単独になる。
しばらくすると、男女2人でまわしている4時間の結構いいペースの列車に追いつく。
2人は同じチームのようだ。

後ろから来たせいか?「乗って、乗って」と歓迎ムード(笑)
「前の女性はロード日本代表だよ」と言われる

確かに、うちが平地を引いても付いてくる。
一緒に走った女性の中では今までで一番速い。
ローテもしやすく、すごい上手だ。

2~3周走り
uchi「下手でごめんなさい」と言ったら、女性にいろいろとダメだしアドバイスをいただきました。
後ろは気にするなとか…(どんな人だかついてこれるか気になっていたのでチラチラ見てました)
 ⇒結構フミフミ度が高(略

もう数周すると、後ろから先頭の高速列車が…
u「あの集団で行きます」と言うと
「ぇ~行っちゃうの(笑)???」と言わるものの、
感謝の言葉を交わしつつ、3人は集団に入る。

気づいたら高速集団の中。

ここからはアドレナリン全快で走行。

登り(鈴鹿よりきつい、8.8%らしい)に入ると先頭の武井さんがペースを一気に上げる。
それにまこっちさん等がついている。

僕は必死に付いていく。。。

きつくてほとんど覚えていない、
ただ、今年の全レースの中で一番上げている気がする。

2週目の登りは平和であったが、
3周目くらいであろうか、またアタック!そして、前で中切れ。
最悪のパターン。ダンシングで死ぬ気で追った。なかなか追いつかず、だいぶ脚を使った、
辛うじて追いつくが、次の周の登りで足が攣りそうになる、ここでピットに入る旨を伝え、最後は我慢して交代。

道中、水も取る余裕がなく、降車後はフラフラでした。
でも、先頭集団でここまで走れたのは初めてでしたので、良い経験でした。

**********************************************
3巡目は既に終わった脚でひたすら我慢。
しかし、しばらく走ってトイレに行きたくなる。
集中力が切れ、Aチームコニシさんに登りで抜かされる。
ストレートで追いつき、少しでも力を残してもらおうと前に出て引く。
平地はまだまだ行けるが、登りがきつい。

**********************************************
最終4巡目
210kmの皆さんもどんどんゴールし速い人は少ない。
殆どが独走で、淡々と走る。

チーム部門上位らしき人を発見し、競りかけじわりとペースを上げてみる。
しばらくし、相手が前で走っている時、ビクッとする姿を目の前で拝む。勝った
相手は足が攣ったようで、気合の入った逆噴射していった。
自分も攣らない様に意識して走る。

いよいよ最終周回
最後の直線はちょうどど真ん中に走者がいない。
keiさんに、「競り合う相手がいなくてもゴールスプリント」、と話していたので、

下ハンを握り一気にペースを上げる。
久々に頑張った。ホイールが軽いのでリアが浮かないように気をつけながら。



しかし、



開始が早すぎた。



ゴールが遠い。


最後はちょっと勢いが落ちたが何とかゴール(笑)

そして、太ももとふくらはぎが攣りかけていました。


Aチームの表彰台
Bチームも1桁順位

シラさんに、「1度は見せ場作ります!」といい、genさんと取った集団の先頭など、

4巡目は、だいぶタレてしまいましたが、とても楽しく走れました。
皆さんに感謝です!!

568_fuji


****************************************
その後、山中湖畔で夕食&風呂。
ngwくんを家に送り、0時談合坂で力尽き、9時間爆睡。

11に無事帰還。

お疲れ様でした。

****************************************
Memo
Bike:RHM9 SL
Wheel:XXXLightCarbon
 ⇒このホイールで初めてダッシュしてみましたが、なかなか良い感じ。
  ただ、僕のガシガシダンシングでは後輪が遊ぶ。

時間:約3時間15分
距離:約135km



トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字